感情失禁や徘徊などが特徴的

    認知症の症状の中でも特にアルツハイマーは女性の高齢者に多く症状がでています。反面男性に多いいのが脳血管性認知症...

    Readmore

    生活の質を高める

    認知症の薬も工夫を重ね新しい治療法等が研究されてきています。今までのように施設で生活することを余儀なくされてい...

    Readmore

    状態を軽減するために

    アルツハイマーは認知症の種類に区分分けされており他に脳血管性障害などがあります。女性に多くなる症状の一つであり...

    Readmore

診察室

認知症の症状の中にはアルツハイマーや脳血管性障害が代表的な認知症の症状にあります。
脳血管性障害は言語障害などを伴い、肢体不自由になるケースが多くあります。
認知症の他に水頭症などの症状があり水分を飲まない又は自身でとらない等の状態になります。
声掛けを行う事により水分の摂取を進め脱水の防止などを行うことも認知症の健康管理には必要になっていきます。
施設で生活をしている人は個人の生活を著しく脅かす状態になっているので、認知症になっているものに限り施設での生活を送ることが出来ます。
中には若年性アルツハイマーというものがあり、高齢者の認知症に比べて進行が早く早期の段階で物忘れが始まって行きます。
どちらも進行を防止する薬等はありますが完全に治療を行う事はまだ出来ていないです。

少しの工夫で認知症にならないで生活を送っている高齢者がいます。
高齢者の性生活の中で定期的に歩いて足を使う事により寝たきりを防止すること等が理由として上げられています。
中には老人クラブやボウリング大会等に参加をして体を使って楽しんでいる人もいるほどです。
独居で室内にこもって生活をしている人はなるべく人とに関わりを持つことが大切です。
認知症は体脂肪が多いい人でも掛かりやすくなるので食事の栄養管理等も重要になっていきます。
なるべく適度な運動をして健康的な体つくりをしてくことで認知症の予防や防止に一役を買うことが出来るのです。
生活環境を変えることも大切ですが楽しみや生きがいを持つことで余暇活動にも励みが出来るので予防や防止に繋がると言えます。

アルツハイマーは治療薬などはありますが現在では自立支援を行うことが目的になってきているので、なるべく在宅での生活が出来るように定期的にリハビリや運動をすることで生活の改善を行っている老人が多くいます。
では認知症の高齢師は出来ないのかというとそういったわけでもなく在宅で一人で生活をすることは難しいですが、機能を維持することは支える側の対応1つで変わって行きます。
身体の清潔を維持することや健康の管理をする、関わりの中でなるべく話をすることや残っている機能を維持することで体にある機能を守ることが出来ます。
新しい物を覚えることは苦手ですが昔から何十年と体に染みついた技術は士っかりと残っているので守っていくことが大切になって行きます。

オススメリンク

アルツハイマーの治療方法がわかるサイトがこちら【最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド】

生活の質を高める

認知症の薬も工夫を重ね新しい治療法等が研究されてきています。今までのように施設で生活することを余儀なくされてい…Read more

感情失禁や徘徊などが特徴的

認知症の症状の中でも特にアルツハイマーは女性の高齢者に多く症状がでています。反面男性に多いいのが脳血管性認知症…Read more

人との接点を持つことが大切

介護が必要になってくると認知症を緩和することよりも体に昔から残っている機能をどこまで維持することが出来るかが大…Read more

関連リンク